お葬式に弔電を送る際のNGワード

お葬式に弔電を送る時に、注意しなければならない点があります。それは忌み言葉です。これは昔から結婚式やお葬式などで使ってはいけない言葉とされ、お祝い事の結婚式、お悔やみのお葬式それぞれに使うと不吉とされる言葉が存在します。これらを弔電で使ってしまうと、知らなかったで済まされることではなく、常識まで疑われることになりますので、十分に注意しなくてはなりません。

まずは重ねる言葉です。例えばたびたび、重ね重ね、ますますといった言葉や、またまた、しばしばなどです。これは言葉が繰り返されることは、同じことが繰り返されることを連想させるので嫌われています。同じような意味合いで、繰り返す言葉も忌み言葉です。再び、また、重ねて等も用いないようにします。

次に追って、続いてもいけません。これらはまたお葬式になるといったことや、続いてお葬式が来るような不吉な出来事を予感させる言葉だからです。また、浮かばれない、迷うも良くありません。浮かばれないは成仏できないことを意味していますし、迷うはまるで冥界をさまよう状態を連想させます。そして、直接死を意味するような言葉も避けましょう。数字の四は死を連想し、九は苦労、苦しみを連想させます。死亡の場合はご逝去に、ご生存中ならご生前、生きている頃はお元気な頃に替えます。

もし故人が仏教以外の方ならば、仏教に関わりの深い言葉は避けます。たとえば、お悔やみ、ご冥福、仏様といった言葉や往生、成仏、供養などがありますが、お悔やみやご冥福などは、うっかりすると使ってしまいがちなので、よく注意しなければならないでしょう。