お葬式に弔電を送る時のマナー

お葬式に弔電を送るときは、まず送る日にちに気を付けなければなりません。これは一般的には通夜の時に着くように手配しますが、それに間に合わない時には告別式が始まる前までに届くようにします。ただし、配達される時間がお葬式よりも随分早いと受け取ってもらえない場合もありますので、送る時には葬祭場に通夜やお葬式の時間を確認しておきます。

もし、お葬式が終わってしまっていたら、電報ではなく直接訪問するか、手紙の方がふさわしいです。電報はあくまでも間に合わない時にするもので、終わってしまってからするものではありません。

弔電は式場に送ることになりますが、この場合の宛先は喪主宛になります。しかし、喪主の名前がわからない時には故人の名前様、ご遺族様のようになります。また、名前はフルネームで記載します。できれば喪主名と故人名を記しておいた方が良いでしょう。もし、お葬式を企業や団体が主催している場合は、葬儀責任者や主催者宛にします。そして差出人の名前ですが、遺族が故人との関係をちゃんと推察できるようにしなければなりません。例えば、〇〇大学同級生〇〇とか、〇〇会社総務部〇〇などのように記します。

弔電の中で使用される故人の名前については、故人への尊敬の意味を込めて、受取人との続柄に敬称をつけます。例えば、故人が受取人の実父であればご尊父様、実母であればご母堂様、配偶者であればご主人様、ご令室様と記載します。子どもの場合はご令息様、ご令嬢様とし、兄弟姉妹であればご令兄様、ご令弟様、ご令姉様、ご令妹様のようになります。